文系大学生のプログラミング勉強日誌

経済学部2回生の自分が勉強した内容を投稿するものです。

プログラミングの勉強(初心者) ー Progate ー

今日はProgateというプログラミング初心者におすすめのサイトについて紹介させていただきます。

 

prog-8.com

 

プログラミングは基本情報技術者試験の午後問題でも出題され、しっかり理解していないと太刀打ちできない難易度であるため、基礎からしっかり身につける必要があります。

 

そこで登場するのがProgateです。

 

Progateは、初心者が楽しくオンライン上でプログラミングを学べるようになっているサービスです。その魅力を紹介していきます。

1.環境構築が不要 

f:id:progrunner39:20170411072616j:plain

 ブラウザ上ですべてが完結するので、ネット環境があればすぐ勉強を始めることができます。これは大きなポイントです。なぜなら環境構築は少しややこしいため、そこで挫折する人も少なくないからです。

 

2.スライド式で分かりやすい

f:id:progrunner39:20170411072736j:plain

 

 動画だと早口だったり、しっかり聞きたいところは何回も止めては再生を繰り返さなくてはなりません。しかし、スライド式なら、流すところは流して、しっかり理解したいところはじっくり読むことができます。載っている図もわかりやすいです。さらに、スライド検索機能もあり、「この言葉なんだっけ?」っといったときに便利です。

 

3モチベーションを保ちやすい

f:id:progrunner39:20170411072841j:plain

その理由の一つにレベルアップシステムがあります。レベルは各言語とトータルに分かれていて、たとえばJavaがLv.30、RubyがLv.20だとするとトータルのレベルはLv.50になるといった感じです。さらに、ランキングシステムがあり、DAYLY、WEEKLY、TOTALに分かれています。

 

 

4コスパがいい

f:id:progrunner39:20170411073012j:plain

 無料でも初級コースは受講可能ですが、それ以上だと有料会員になる必要があります。しかし、月額980円ととても安いです。学べるコースも豊富で、HTML、JavaScriptRubyPythonPHPJava、Swiftなどなどたくさんのコースがあります。学習コースと道場コースに分かれており、学習コースで学んだ知識を道場コースで確認できます。

 

 

以上のようにProgateはとても充実した内容になっており、これからプログラミングを勉強したいけどどうしたらいいかわからないという人にはとくにおすすめです。

 

ただし、基本情報技術者試験のプログラミングの問題の言語はJava、C、アセンブラCOBOL(プログラミング言語が嫌な人は表計算という選択肢もありますが)の中からの選択となっているため、Progateでは、このうちJavaのみとなっています。しかし、情報系の学部の方でないとJava以外はあまり選ばないと思うので、ProgateでJavaの基礎を学びましょう。