文系大学生のプログラミング勉強日誌

経済学部2回生の自分が勉強した内容を投稿するものです。

基本情報技術者試験に向けて勉強を始めます

みなさん初めまして、おっけんです。

 

私は、2017年4月現在経済学部の大学2回生です。大学生になり多くの自由な時間ができる一方、この一年間勉強はそこそこやり、部活にも精を出していたのですが、このままでいいのかという思いが強くなっていました。

 

そこで何か資格などを取得しよう!と考え、ネットでいろいろ調べているうちに見つけたのがプログラミングスキルでした。

 

まずは基本からと思い、HTML & CSSを学び、Rubyの勉強を始めました。 そこで利用したのは、Progateです。

 

progateは、元東大生の方が作ったオンラインプログラミング学習サービスで、環境構築不要でいろいろな言語を学ぶことができるものです。スライドでインプット→実際に手を動かしてアウトプットという流れで初心者におすすめのサービスです。

 

私はこのサービスで、Rubyなどを勉強した後、RubyがミニツクRubyを体系的に勉強していました。

 

このときは、プログラミングが楽しくて仕方がなく、時間があればずっと勉強していました。 このようにして勉強を進めると同時に、IT関係の仕事に興味を持ち始めました。

 

そして、自分は情報系の大学に通っている人たちよりも、圧倒的にITの知識がないために不利になるのではないかと考え、それを習得することの必要性を感じ始めました。 そこでネットで調べるとでてきたのが、情報処理技術者試験です。

 

f:id:progrunner39:20170409193529p:plain

 

情報処理技術者試験は、IT関係の資格の中でもっともメジャーなものであり、自分もITパスポートについては聞いたことがりました。しかし、上のを見てもらえれば分かるようにITパスポートはITを使う側の資格で、画像の右側の基本情報技術者以上の資格がITを作る側の資格であると知り、基本情報技術者試験にむけて勉強を始めることにしました。

 

今日はここまでにします。拙いブログですが、今後も読んでいただけると幸いです。