文系大学生のプログラミング勉強日誌

経済学部2回生の自分が勉強した内容を投稿するものです。

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』のレビュー

こんにちは。おっけんです。

 

今日は、最近読んだ堀江貴文氏の

『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

を紹介します。

f:id:progrunner39:20170514004435j:plain

この作品は、堀江氏が出所して初めて書いた本でメインのテーマは「働く」ということです。それでは、私が読んで気に入った内容を紹介していきます。

まず彼は0章でタイトルにもかかわる結論を述べています。

ゼロに何をかけてもゼロで最初は必ず足し算、つまり小さなイチを足していくことが必要で本当の成功はそこからはじまる。

失敗して失うものは知れており(ゼロになるだけ)、恐れるべきは失うことを恐れて一歩も踏み出せなくなること。

働くといいうことは、自分を変え、周囲を動かし自由を手に入れるための手段。

この言葉を踏まえて以下見ていきましょう。

 

 

1章では彼の幼少期から大学受験までが書かれています。

単なる歯を食いしばった努力ではなく、「ハマる」、つまり没頭することで成果が得られる

彼はこの例として単語帳を例文から一言一句丸暗記していった経験を語っています。ここで丸暗記の是非は問いませんが、確かに理屈抜きでハマったものの習得スピードはすさまじく速いです。実際勉強の内容は全然暗記できないけど、趣味など好きなことはすぐ覚えられるという人はよくいますね。つまり、暗記が苦手な分野の暗記をするためには、はまれる要素を見つける、あるいは自分で付与すればよいということです。

2章では大学生活スタートから起業に至るまでが書かれています。

キョドってしまうのは「経験」問題である。経験は、経過した時間ではなく、自らが踏み出した歩数によってカウントされる。

ビジネスに置き換えれば、転職、企業に踏み切れない人は仕事にキョドっているのであり、それを克服するためには経験が必要であり、それは小さな成功体験を積むことが大事なのだ、ということです。そして小さな成功体験を積むためには、「ノリのよさ」が必要だと述べています。つまり、どんな小さなチャンスでも、ノリがよくなければ掴むことはできないということでしょう。

3章では、お金を「稼ぐ」ということについて書かれています。

お金のために働いているではない。仕事は多くの時間を投じるもの。我慢の時間にするのは間違い

多くのビジネスマンは、労働をお金に換えているのではなく、そこに費やす時間をお金に換えていると彼は述べています。これには私も同意見で、だから特に忙しくもないのにサービス残業をし、やる気をアピールし給料をもらっている人が多いのです。そこで、もらうという意識ではなく、稼ぐという意識に換える必要があります。そして時間以外に自分は何を提供できるのかを考える必要があります。

やりがいとは、見つけるものではなく、作るもの。

どんな仕事にもやりがいはあると彼は述べています。その例として彼が懲役刑を受けていたときに行っていた単純作業を挙げています。単純作業が与えられる中でどうすれば効率よくできるかを創意工夫することで、やりがいを見つけていたそうです。つまり、仮説→実践→試行錯誤という能動的プロセスによって与えられた仕事は作り出す仕事に変わるのです。

仕事を好きになる方法は没頭すること。仕事が嫌いな人は経験不足。

つまり、仕事に没頭した経験がないから好きになっていないだけという話だということです。仕事や勉強には、ハマる要素は用意されていません。ではどうすれば没頭できるのか?自分でルールを作ればよいのです。

やりたいことがないは嘘。できっこないとあきらめているだけ。

この言葉は今に自分に刺さりました。今私は将来何がしたいかわからず模索している段階です。この言葉を聞いて今までの自分を振り返ってみると「○○楽しそうだな。でも自分には向いてないかな。」という風に無意識に自分にはできないと思ってしまうことがよくありました。この言葉を知ることができただけでもこの本を読んだ価値があります。できない理由を考えるのではなく、できる理由を考えることが大事なのですね。企業に踏み切れない人の場合は、企業により失うものではなく、得られるものを考えるということです。

4章では自立の先にあるつながり、5章では働く本当の理由について書かれています。

働くことは自由へのパスポート。責任が発生しないうちは自由は得られない。

子供のころに戻りたいという人はたまにいます。そういう人はきまって子供は自由だから、何も考えず好きなことばっかりできるからと言います。しかし、それは本当に自由なのでしょうか。子供はいつも親の都合に巻き込まれ、常に親の同意を必要とします。彼は、自由と責任はセットであり、責任を負うことで自由を手に入れられると考えます。

いかかでしたか。わたしはもともと彼のことを傲慢な経営者で、何か悪いことをして捕まった、という誤解をしていました。しかし、この本を読むことで、故意の罪ではなかったことがわかり、彼のこれまでの人生、信条を知ることができました。私にとってなるほどと思えることがいくつかあり、とても参考になった本でした。時間があれば、堀江氏の別の本も読んでみようと思います。この本は、仕事に対して不満のある社会人、将来の道に悩む学生などはばひろいひとにおすすめできるので、皆さんぜひ読んでみてください。

意外と簡単? オブジェクト指向とは【Java】

こんにちは、おっけんです。

みなさん、オブジェクト指向をご存知でしょうか?

f:id:progrunner39:20170417234602j:plain

オブジェクト指向に関していろいろな説明がされると思いますが、初心者にはわかりにくい表現が多いです。それによって挫折した方もいるのではないでしょうか?

挫折したり難しいと思った人は、オブジェクト指向の学び方を変えてみると「こんなに簡単だったのか」と思えるかもしれません。それでは、オブジェクト指向をどのように学べばよいか?それはたった一つの単純なことです。

f:id:progrunner39:20170418001057j:plain

プログラミングを最初に学ぶとき、まずは文法を学びますよね?文法はルールなので、正解を学んでいるわけです。しかし、オブジェクト指向は文法ではありません。考え方なのです。この認識はオブジェクト指向を学ぶ上で重要です。よくオブジェクト指向言語の文法の入門書などに文法の説明の章が終わると続けてオブジェクト指向の章に入るものが多いです。それがオブジェクト指向を文法と同じように学んでしまう方が多い原因であると思われます。

前提の話はこの辺にしてさっそくオブジェクト指向の考え方の説明に入ります。

初めてオブジェクト指向を学ぶ際には「ラクして楽しくいいものを作るための部品化の考えのこと」と思っていただいても大丈夫でしょう。部品化とは複数のメソッドやクラスに分割したり、組み合わせるなどして1つのプログラムを組むことです。

では、なぜオブジェクト指向の考え方を使えば、ラクして楽しくいいものが作れるのかについて考えていきたいと思います。

そもそも私たちがプログラムを組むのはなぜでしょうか?それは現実世界で行われることを自動化するためであるはずです。つまり、オブジェクト指向のプログラムは現実世界と密接にかかわっているのです。ゆえにプログラムを組むことは、現実世界を反映した仮想世界を作ることだといえます。

つまり、オブジェクト指向とは、現実世界で起こっていることをJava仮想世界で再現したものであるため、わたしたちになじみのある現実世界をまねて作った仮想世界は、人間にとっても把握しやすいのです。

例えば、サッカーにおける監督を考えてみましょう。監督が選手に支持を出すことをプログラミングに見立ててみます。従来のプログラミング方法である手続き型では、全選手に一挙手一投足指示を出さなければならず、指示を出している監督自身も混乱してしまいます。

一方オブジェクト指向を使えばどうなるでしょうか。この場合、選手一人ひとりを部品=オブジェクトと考え、それぞれに役割・責任といった指示を与えます。よって監督は試合が始まれば、することはほとんどありません。どう行動すべきかをあらかじめ指示(プログラミング)しているからです。

どうでしょうか?今までオブジェクト指向を敬遠していた人や、挫折してしまった方はこの考えにのっとってもう一度チャレンジしていただけたら幸いです。

 

 

基本情報技術者試験の入門書

こんにちは!

私は現在基本情報技術者試験合格を目指して勉強を始めたばかりなのですが、何を勉強するにしても独学者は最初のテキスト選びに困ると思います。いろいろ調べた結果、入門書として私はこのテキストを選びました。

f:id:progrunner39:20170414213556j:plain

かんたん合格基本情報技術者教科書(平成29年度) [ 五十嵐順子 ]

価格:1,382円
(2017/4/14 21:40時点)
感想(0件)

 かんたん合格 基本情報技術者教科書です。この本はamazonベストセラーになっていたものです。ほかにも有名どころにはイメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室キタミ式イラストIT塾基本情報技術者 基本情報技術者合格教本などが挙げられます。

f:id:progrunner39:20170414214931j:plain

イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室(平成29年度) [ 栢木厚 ]

価格:1,922円
(2017/4/14 21:47時点)
感想(0件)

f:id:progrunner39:20170414215001j:plain

キタミ式イラストIT塾基本情報技術者(平成29年度) [ きたみりゅうじ ]

価格:2,138円
(2017/4/14 21:50時点)
感想(0件)

f:id:progrunner39:20170414215205j:plain

基本情報技術者合格教本(平成29年度〈春期〉〈秋期〉) [ 角谷一成 ]

価格:1,814円
(2017/4/14 21:51時点)
感想(1件)

正直、どれもそこまで大差ありません。実際に見てみて自分がやりたいと思えるテキストを選んでください。私の個人的な感想としては、以下のようになります。

 

イメージ&クレバー方式でよくわかる栢木先生の基本情報技術者教室

かんたん合格 基本情報技術者教科書に似ています。

 

キタミ式イラストIT塾基本情報技術者 

イラストをふんだんに使っているせいでかえって読みにくいです。

 

基本情報技術者合格教本

とにかく詰め込んでる感じを覚え、頭に入ってきにくいと感じました。

 

その中でもかんたん合格 基本情報技術者教科書は、スライドがわかりやすく、簡潔にまとまっていて、単元ごとに試験にチャレンジという形で実際に出題された問題を確認問題として掲載されています。さらに、無料でPDF版と単語帳アプリもダウンロード可能です。簡潔にまとまっている分範囲を網羅しているわけではないのであくまで入門書としておすすめです。

書店で見ていて個人的に気になったのが、基本情報技術者午前試験対策です。

f:id:progrunner39:20170414220829j:plain

基本情報技術者午前試験対策(2017) [ アイテック ]

価格:2,592円
(2017/4/14 22:07時点)
感想(1件)

 

他の参考書は解説中心ですが、こちらは演習中心となっているため、入門書をよんだがいまいち自信がないという人が過去問演習などに入る前に使うのもありかもしれません。

あくまで個人の意見ですので、最終的には実際に見て合うかどうか判断して決めてください。

基本情報技術者試験を受ける方、私も始めたばかりですので情報交換などできたらうれしいです。頑張りましょう。

 

 

 

 

すっきりわかるJava入門の第Ⅰ部を終えて

こんにちは。

昨日ついにProgateのJavaを一通り終わらせまして、今は『スッキリわかるJava入門』に取り組んでいます。600ページ以上あり、第Ⅰ部文法編と第Ⅱ部オブジェクト指向編にわかれているのですが、第Ⅰ部を2日で終わらせました。

ここでなぜこの本を選んだのかと取り組んでみてのざっくりとした感想を書かせてもらいます。

 

 1.amazonのベストセラー本であったこと

f:id:progrunner39:20170413174734j:plain

 

やはり自分は初心者なので、他の方の評価はしっかりチェックしました。プログラミングなどの技術本は高いですし、買ってから自分には合わないとわかったらお金がもったいないですしね。そこで自分が良く利用しているamazonで評価が一定以上高いものの中から書店で実際に手にとってみて自分に合うか合わないか判断しました。私は参考書などを選ぶときに大事なのは、最終的にはフィーリングだと思っているので、実際に読んでみるのはとても大事だと思います。

 

2.kindleで半額キャンペーンだったこと

f:id:progrunner39:20170413180157j:plain

実は私はkindleで買いました。ちょうどkindleストアで技術書50%オフセールの中に含まれており、1000円ちょっとで買えました。実はkindleで買ったのにはもう一つ理由があります。

それは、パソコン上で読むことができることです。PC画面を2分割にして片方はkindle、片方はeclipseという形で学ぶことができるので、使い勝手がいいです。

 

3.イラスト中心、会話調で分かりやすい

f:id:progrunner39:20170413234859j:plain

 

イラストがふんだんに使われており、わかりやすさに重きが置かれています。さらに初心者が熟練者から教わる形をとっているので、漫画を読んでいるようにすらすらと頭に入ってきます。大抵の方が疑問に思うような内容は、初心者の方が質問したりしているので、なぜ?と疑問を抱えたまま進むということは少ないかと思います。

 

まとめ

 

以上のように『スッキリわかるJava入門』は初心者の方にお勧めの本となっています。実際Hello Worldを出力するところからかなり丁寧に開設されています。ただ最初から網羅的なものに取り組むと挫折しやすいので、個人的には最初はProgateで楽しくプログラミングに触れてから初心者用の書籍に移って網羅的に学習するのが良いかと思います。

 

 

スッキリわかるJava入門第2版 [ 中山清喬 ]

価格:2,808円
(2017/4/14 00:09時点)
感想(7件)

プログラミングの勉強(初心者) ー Progate ー

今日はProgateというプログラミング初心者におすすめのサイトについて紹介させていただきます。

 

prog-8.com

 

プログラミングは基本情報技術者試験の午後問題でも出題され、しっかり理解していないと太刀打ちできない難易度であるため、基礎からしっかり身につける必要があります。

 

そこで登場するのがProgateです。

 

Progateは、初心者が楽しくオンライン上でプログラミングを学べるようになっているサービスです。その魅力を紹介していきます。

1.環境構築が不要 

f:id:progrunner39:20170411072616j:plain

 ブラウザ上ですべてが完結するので、ネット環境があればすぐ勉強を始めることができます。これは大きなポイントです。なぜなら環境構築は少しややこしいため、そこで挫折する人も少なくないからです。

 

2.スライド式で分かりやすい

f:id:progrunner39:20170411072736j:plain

 

 動画だと早口だったり、しっかり聞きたいところは何回も止めては再生を繰り返さなくてはなりません。しかし、スライド式なら、流すところは流して、しっかり理解したいところはじっくり読むことができます。載っている図もわかりやすいです。さらに、スライド検索機能もあり、「この言葉なんだっけ?」っといったときに便利です。

 

3モチベーションを保ちやすい

f:id:progrunner39:20170411072841j:plain

その理由の一つにレベルアップシステムがあります。レベルは各言語とトータルに分かれていて、たとえばJavaがLv.30、RubyがLv.20だとするとトータルのレベルはLv.50になるといった感じです。さらに、ランキングシステムがあり、DAYLY、WEEKLY、TOTALに分かれています。

 

 

4コスパがいい

f:id:progrunner39:20170411073012j:plain

 無料でも初級コースは受講可能ですが、それ以上だと有料会員になる必要があります。しかし、月額980円ととても安いです。学べるコースも豊富で、HTML、JavaScriptRubyPythonPHPJava、Swiftなどなどたくさんのコースがあります。学習コースと道場コースに分かれており、学習コースで学んだ知識を道場コースで確認できます。

 

 

以上のようにProgateはとても充実した内容になっており、これからプログラミングを勉強したいけどどうしたらいいかわからないという人にはとくにおすすめです。

 

ただし、基本情報技術者試験のプログラミングの問題の言語はJava、C、アセンブラCOBOL(プログラミング言語が嫌な人は表計算という選択肢もありますが)の中からの選択となっているため、Progateでは、このうちJavaのみとなっています。しかし、情報系の学部の方でないとJava以外はあまり選ばないと思うので、ProgateでJavaの基礎を学びましょう。

基本情報技術者試験に向けて勉強を始めます

みなさん初めまして、おっけんです。

 

私は、2017年4月現在経済学部の大学2回生です。大学生になり多くの自由な時間ができる一方、この一年間勉強はそこそこやり、部活にも精を出していたのですが、このままでいいのかという思いが強くなっていました。

 

そこで何か資格などを取得しよう!と考え、ネットでいろいろ調べているうちに見つけたのがプログラミングスキルでした。

 

まずは基本からと思い、HTML & CSSを学び、Rubyの勉強を始めました。 そこで利用したのは、Progateです。

 

progateは、元東大生の方が作ったオンラインプログラミング学習サービスで、環境構築不要でいろいろな言語を学ぶことができるものです。スライドでインプット→実際に手を動かしてアウトプットという流れで初心者におすすめのサービスです。

 

私はこのサービスで、Rubyなどを勉強した後、RubyがミニツクRubyを体系的に勉強していました。

 

このときは、プログラミングが楽しくて仕方がなく、時間があればずっと勉強していました。 このようにして勉強を進めると同時に、IT関係の仕事に興味を持ち始めました。

 

そして、自分は情報系の大学に通っている人たちよりも、圧倒的にITの知識がないために不利になるのではないかと考え、それを習得することの必要性を感じ始めました。 そこでネットで調べるとでてきたのが、情報処理技術者試験です。

 

f:id:progrunner39:20170409193529p:plain

 

情報処理技術者試験は、IT関係の資格の中でもっともメジャーなものであり、自分もITパスポートについては聞いたことがりました。しかし、上のを見てもらえれば分かるようにITパスポートはITを使う側の資格で、画像の右側の基本情報技術者以上の資格がITを作る側の資格であると知り、基本情報技術者試験にむけて勉強を始めることにしました。

 

今日はここまでにします。拙いブログですが、今後も読んでいただけると幸いです。